大人ニキビは化粧水が有効@原因は実はお肌の乾燥です!保湿を意識することが大切!

MENU

ニキビとは

中学生や高校生ぐらいになると、男女ともに思春期を迎えている時なので、自分の体に起こる変化について気になってしまいます。
これは自分の容姿に自信を持つためにも太りたくないと思ったり、きれいでいるように努力をしたりします。

特に女性の場合は、化粧などに興味を持ち始める時期になります。お化粧をすることにより肌荒れを経験することもあるでしょう。
そんな肌荒れについてなのですが、思春期の頃に最も気になるものといえば、ニキビです。

中学生や高校生のころにニキビができて嫌な思いをしたことはありませんか?私のお兄ちゃんの話なのですが、高校生のころに顔にニキビがたくさんできてしまって電車に乗るのが恥ずかしいと言って高校に行きたくないとひきこもってしまう時期がありました。

自分ではたいしたことないと思ってつぶしてしまったりしていたそうなのですが、つぶしてしまったことにより跡が残り赤くなってしまい肌荒れを起こしてしまったので皮膚科に通っていました。

皮膚科に通う事で少しは落ち着いたのですが、高校に行くのが嫌になってしまったのかしばらくは引きこもりが続いてしまいました。やはり思春期の頃は自分の容姿がとても気になる様です。

今では笑い話ですが、昔は本当に嫌だったといっていました。ニキビは自分で治す努力をすることもできるのですが、ひどい場合は皮膚科に相談に行く方がよいのです。

ニキビに悩まされている方は一人で悩むのではなく医師に相談に行ってみるようにしましょう。

着物買取プレミアム


大人ニキビとは

ニキビには種類があるのをご存じでしょうか?思春期の頃にできるものをニキビと呼び、大人になると大人ニキビと呼ばれるようになります。大人ニキビのことを吹き出物という人もいらっしゃるのですが、吹き出物はニキビと同じ意味になります。

ニキビでも大人ニキビも吹き出物なのです。そしてニキビの種類をもう少し詳しくわけてみると、乾燥ニキビ白ニキビ、黒ニキビなどの色が名前につくニキビがたくさんあります。

思春期の頃にできるニキビと大人ニキビではできる原因が違うと言われています。思春期の場合は皮脂量が多くてできることが多いため、皮脂量を少なくするようなケアをすることにより予防できるといわれています。

反対に大人ニキビの場合はホルモンバランスなどが原因になっていることもあるようですので、自分の体調を整えると共にホルモンバランスを整えてあげなければならないのです。

他にも年を重ねるごとに老化していくのですが肌が老化していくと乾燥しやすくなります。この乾燥が原因で大人ニキビができることもあるのです。大人ニキビを増やさない為には化粧水や乳液などを使い保湿をしっかりと行う事です。

スキンケアは難しいと思っている人も多いかもしれないのですが、絶対に高い物を使うのがよいというわけではありませんし、毎日パックをしなければダメという決まりがあるわけではありません。

化粧水を毎日つけるだけでも立派なスキンケアなのです。大人ニキビができてしまわないように予防はしっかりと行うことがオススメですので化粧水や乳液で予防ができるようにしましょう。

大人ニキビと呼ばれる年齢

思春期の頃にできるニキビと大人になってからできるニキビでは呼び方やケアの方法がかわってくるといわれています。

思春期の頃は思春期ニキビ、大人になってからのニキビは大人ニキビとそのままのネーミングではあるのですが、ケアの方法は全くかわってきます。

ケアの方法が違うということなのですが、ではいつ頃から大人ニキビになるのでしょうか?
年齢の話をするのがだんだん嫌になってきた30代手前の私なのですが、だんだんニキビができても治りが遅くなってきました。

しかし、ケアしたらケアしただけまだきれいな肌でいることができるのですが、難しいところです。私はまだニキビと呼んでいたのですが、実は20才以上でできたニキビは大人ニキビという呼び方にかわってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れが原因だったりすることが多いとよばれるこの大人ニキビなのですが、10代のころにできるニキビとは原因も変わってきます10代のころにできるニキビは顔が油っぽいとできるといわれています。

常に脂取り紙を使っているとニキビを予防できるといわれているのですが、実際に脂分が原因になっていることが多いのです。大人ニキビの場合は前述にもあるホルモンバランスの乱れや食生活や生活習慣の乱れによりできるものが多いようです。

20歳をすぎたら大人ニキビができる可能性があります。食生活や生活習慣に気を使い、健康体でいられるように心がけるようにしましょう。